マクドナルド、人気バーガーに生肉使用へ 

アメリカで2018年半ばまでに

 3月30日、米マクドナルドは、ハンバーガーの人気商品「クォーターパウンダー」について、米国内の大半の店舗で2018年半ばまでに生の牛肉を使用し、注文を受けてから調理する方式に切り替えると発表した。写真はマクドナルドの店舗、1月北京で撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[30日 ロイター] - 米マクドナルド<MCD.N>は30日、ハンバーガーの人気商品「クォーターパウンダー」について、米国内の大半の店舗で2018年半ばまでに生の牛肉を使用し、注文を受けてから調理する方式に切り替えると発表した。

投資家やアナリストの間では、売り上げの拡大につながる可能性がある一方で、調理方法の変更でサービスのスピードが落ちる恐れがあるとの指摘が出ている。

同社はクォーターパウンダーが売り上げ全体に占める割合を公表しておらず、米国事業の利益率への影響は不明だ。

米国内店舗は4年連続で客足が減少

マクドナルドの米国内店舗は4年連続で客足が減少しており、スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)は再建計画の一環として、より新鮮さを求める消費者のニーズを踏まえたメニュー刷新などに取り組んでいる。

ガレーン・キャピタル・パートナーズのマネジング・パートナー、トリップ・ミラー氏は、サービスが遅くならないかが問題だとし、消費者は「より新鮮で健康的な商品を求めているが、スピードもこれまで以上に求めている」と述べた。

モーニングスターのアナリスト、R.J.ホトボイ氏は、生肉の安全な扱いについて従業員をトレーニングする必要も出てくると指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT