アップルが新iPad発表、329ドルから

24日から注文可能

 3月21日、米アップル<AAPL.O>は新型iPad(アイパッド)を発表した。24日から注文可能で、価格は329ドルから(2017年 ロイター//Regis Duvignau)

[21日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は21日、新型「iPad(アイパッド)」を発表した。

画面をより明るくした。価格は329ドルからと、フルサイズの自社タブレット端末の過去最低に設定した。

24日から注文できる。ストレージは32GBからで、「iPad Air(エア)2」に代わる機種となる。「iPad Mini(ミニ)4」(399ドルから・128GBモデル)よりわずかに安い。

また小型のiPhone(アイフォーン)SEは、従来の16GB、64GB型に代わり32GB、128GB型が発売される。

アップルはさらに、動画を制作して、モバイル機器向け基本ソフト(OS)「iOS」搭載機器で友人らと共有できる新しいアプリ「クリップス(Clips)」も公表した。

利用者が動画にキャプションなどを追加して、フェイスブックやインスタグラム、アップルのメッセージングアプリなどで共有可能という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT