米GM、課題の欧州事業リストラ進む?

直近決算では、地域別の赤字額が大幅に縮小

7月25日、米GM第2・四半期決算は、北米の堅調な需要や欧州事業でのコスト削減が寄与して調整後の利益が市場予想を上回った。写真はデンバーで2009年6月撮影(2013年 ロイター/Rick Wilking)

[デトロイト 25日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が25日発表した第2四半期決算は、調整後の利益が市場予想を上回った。積極的なコスト削減で欧州事業の損失が縮小したことなどが寄与した。

中核の北米市場では、ピックアップトラックや大型セダンの新型モデルが高めの価格設定となったことが利益を押し上げた。同社幹部は、利益率を高めた他の新型車も貢献して下期には一段の利益改善が見込まれるとした。

第2四半期の純利益は12億ドル(1株当たり0.75ドル)と、前年同期の15億ドル(同0.90ドル)から減少。新型フルサイズピックアップトラックの投入に絡む費用や、中国以外のアジア地域での損失が響いた。

韓国子会社の優先株取得などに絡む一時項目を除いた1株利益は0.84ドルで、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想を0.09ドル上回った。

売上高は4%増の391億ドル。アナリスト予想は383億7000万ドルだった。

地域別では欧州の営業損益が1億1000万ドルの赤字。赤字幅は前年同期の18億ドルから縮小し、アナリスト予想と比べても3分の1程度小幅な水準にとどまった。

欧州での販売と市場シェアは縮小したが、モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョーナス氏は欧州事業の業績改善について、自身の予想よりも2年早いとの見方を示した。

次ページCEOやCFOはどう見ている?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT