英紙、有料会員が1年で13倍になった理由

ガーディアンのノーガード戦法とは?

現在、彼らが掲げる目標は、さらに壮大だ(the guardian internationalのページより)

英ガーディアン紙は、有料会員による収益を飛躍的に増加させている。有料会員の数はなんと過去1年間で、1万5000人から20万人に伸びた。

ガーディアンの会員プログラムは2014年に開始され、広告収入の減少に対抗する形で去年1月にプロモーションが強化された。単発の寄付も10万件集めたそうだ。

現在、彼らが掲げる目標は、さらに壮大だ。2019年4月までに、100万人の有料会員数に達することがゴールだという。

ペイウォールではない

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

メンバーシップ、マーケティング、コンシューマー収益のマネージングディレクターであるデーヴィッド・マグリアーノ氏は述べる。「弊紙の会員プログラムは、ただペイウォールに別名をつけたものではない。なぜなら会員になった人々は、特にエクストラのコンテンツや彼らだけが閲覧できるものがあるわけではないからだ。彼らは、ただガーディアンのジャーナリズムが、オープンな状態で維持されることが重要だと同意してくれているために登録している」。

ガーディアンの会員プログラムには、3つの有料会員プランがある。毎月5ポンド(約700円)を払う「サポーター」、毎月15ポンド(約2100円)を払う「パートナー」、そして毎月60ポンド(約8400円)の「パトロン」だ。イベントの際は優先予約やディスカウントなどの特典が得られる。

ガーディアンは特に「サポーター」のプランをプロモーションしている。事実、会員登録の大部分はサポーターだという。収益に関して具体的な数字は公表しないが、20万人がひと月に最低5ポンド(約700円)を支払っているとすると、毎月100万ポンド(約1億4000万円)が入ってくる計算だ。これは年間では1200万ポンド(約17億円)になる。会員プログラムに従事している従業員は、どんなときでも50人ほどはいるという。業務内容はデータ、デベロッパー、マーケティング、ユーザーエクスペリエンス、ジャーナリズムとさまざまだ。

次ページ勧誘メッセージの工夫
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT