英紙、有料会員が1年で13倍になった理由

ガーディアンのノーガード戦法とは?

現在、彼らが掲げる目標は、さらに壮大だ(the guardian internationalのページより)

英ガーディアン紙は、有料会員による収益を飛躍的に増加させている。有料会員の数はなんと過去1年間で、1万5000人から20万人に伸びた。

ガーディアンの会員プログラムは2014年に開始され、広告収入の減少に対抗する形で去年1月にプロモーションが強化された。単発の寄付も10万件集めたそうだ。

現在、彼らが掲げる目標は、さらに壮大だ。2019年4月までに、100万人の有料会員数に達することがゴールだという。

ペイウォールではない

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

メンバーシップ、マーケティング、コンシューマー収益のマネージングディレクターであるデーヴィッド・マグリアーノ氏は述べる。「弊紙の会員プログラムは、ただペイウォールに別名をつけたものではない。なぜなら会員になった人々は、特にエクストラのコンテンツや彼らだけが閲覧できるものがあるわけではないからだ。彼らは、ただガーディアンのジャーナリズムが、オープンな状態で維持されることが重要だと同意してくれているために登録している」。

ガーディアンの会員プログラムには、3つの有料会員プランがある。毎月5ポンド(約700円)を払う「サポーター」、毎月15ポンド(約2100円)を払う「パートナー」、そして毎月60ポンド(約8400円)の「パトロン」だ。イベントの際は優先予約やディスカウントなどの特典が得られる。

ガーディアンは特に「サポーター」のプランをプロモーションしている。事実、会員登録の大部分はサポーターだという。収益に関して具体的な数字は公表しないが、20万人がひと月に最低5ポンド(約700円)を支払っているとすると、毎月100万ポンド(約1億4000万円)が入ってくる計算だ。これは年間では1200万ポンド(約17億円)になる。会員プログラムに従事している従業員は、どんなときでも50人ほどはいるという。業務内容はデータ、デベロッパー、マーケティング、ユーザーエクスペリエンス、ジャーナリズムとさまざまだ。

次ページ勧誘メッセージの工夫
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT