米フェイスブック、新アプリを提供へ

スマートテレビで動画の視聴が可能に

 2月14日、米フェイスブックは、インターネットに接続するスマートテレビ向けアプリの提供を開始することを明らかにした。ユーザーはフェイスブック上の動画をより大きな画面で視聴することが可能になる。写真のフェイスブック・ロゴは、フランス・パリにおける「スタートアップ企業の集まり」で、1月撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は14日、インターネットに接続するスマートテレビ向けアプリの提供を開始することを明らかにした。ユーザーはフェイスブック上の動画をより大きな画面で視聴することが可能になる。

フェイスブックはブログで、米アップル<AAPL.O>の「アップルTV」や韓国サムスン電子<005930.KS>の「サムスン・スマートTV」、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の「ファイアTV」向けに近く、アプリの提供を始めるとした。

フェイスブックによると、ユーザーはタイムライン上で動画を視聴しながら、同時にニュースフィードをスクロールすることができる。また、ニュースフィード上で動画をスクロールすると音声が次第に流れたり消えたりするという。これまでは音声を聞くためには動画に指で触れる必要があった。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は1月、フェイスブックがテレビ視聴用セットトップボックス向けのアプリを開発していると報じていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。