米フェイスブック、新アプリを提供へ

スマートテレビで動画の視聴が可能に

 2月14日、米フェイスブックは、インターネットに接続するスマートテレビ向けアプリの提供を開始することを明らかにした。ユーザーはフェイスブック上の動画をより大きな画面で視聴することが可能になる。写真のフェイスブック・ロゴは、フランス・パリにおける「スタートアップ企業の集まり」で、1月撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は14日、インターネットに接続するスマートテレビ向けアプリの提供を開始することを明らかにした。ユーザーはフェイスブック上の動画をより大きな画面で視聴することが可能になる。

フェイスブックはブログで、米アップル<AAPL.O>の「アップルTV」や韓国サムスン電子<005930.KS>の「サムスン・スマートTV」、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の「ファイアTV」向けに近く、アプリの提供を始めるとした。

フェイスブックによると、ユーザーはタイムライン上で動画を視聴しながら、同時にニュースフィードをスクロールすることができる。また、ニュースフィード上で動画をスクロールすると音声が次第に流れたり消えたりするという。これまでは音声を聞くためには動画に指で触れる必要があった。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は1月、フェイスブックがテレビ視聴用セットトップボックス向けのアプリを開発していると報じていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。