独ワーゲン「独り負け」の日本市場で巻き返し

人気のSUVからEV、ディーゼルまで続々投入

「eゴルフ」。日本でのEV投入は初めてとなる(写真:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

2017年はそのほかも主力車種の日本投入が目白押しだ。6~7月には小型車「ゴルフ」の電気自動車(EV)である「eゴルフ」を日本に投入することを明言。2016年の米ロサンゼルスショーで発表した新モデルで、1回の充電で走れる距離は最大300キロになる見込みだ。VWは2014年にEVの日本導入を発表したものの、充電方法が国内の急速充電器のすべてに対応していないことが判明し見送っていた。一方、ゴルフやパサートでプラグインハイブリッド(PHEV)を拡充してきた経緯があり、日本でのEV参入は今回初めてとなる。

ディーゼル燃費不正を受け、VWは今後、EVをエコカーの主軸にする考え。2025年までにeモビリティの主要な量産車メーカーになるとしており、日本市場でもEVで攻勢をかける狙いがありそうだ。

約20年ぶりにディーゼル車も投入

一方、中型車「パサート」のディーゼルモデルも2017年内に追加投入する予定だ。ディーゼル車の日本への投入は約20年ぶりとなる。シェア社長は「日本のディーゼル市場は伸びている。国産車も輸入車もディーゼルを投入している。今後も日本でディーゼルの高いパフォーマンスと足回りの良さが受け入れられ、需要は伸びるだろう」と自信を示した。

このほか、2017年はゴルフのビッグマイナーチェンジや、小型車「up!」など人気車種の投入が少なくとも5車種以上予定されている。シェア社長は「今年はVWのディーラーに足を運ぶ人が増えると思う」と鼻息は荒い。

新車がそろう中、ソフト面の改革も急いでいる。昨年からショールームで待つ姿勢ではなく、社員が積極的に外に出て行き、顧客との接点を増やして信頼回復を目指す活動を推進。これまでになかった全国規模での試乗会開催や、オーナー向けの愛知・豊橋本社でのツアーなどイベントを多数行う中で、顧客の声を直接聞いて回っている。「台数を追うよりも、顧客満足度でナンバーワンを目指したい。顧客サービスをしっかりやれば、台数もついてくる」(シェア社長)。

一度傷ついたブランドの信頼を取り戻すのは簡単なことではない。日本の輸入車セグメントが足元で活況を呈する中、出遅れたドイツの名門は再び輝くことができるのか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。