東宝、「ヒット連発」を支える映画事業の秘密

当たれば大きいが大コケしても問題なし

興収87億6000万円と大ヒットした映画『永遠の0』(2013年公開)と同じく、岡田准一主演、山崎貴監督、上下巻の累計発行部数が400万部を超える百田尚樹氏の大ベストセラーを原作としていることを踏まえると大コケにも思える。

ただ、会社側は「問題はない」(浦井常務)と意に介さない。アニメも実写映画も、制作スタッフの数が増え、拘束される時間が長引けば製作費は嵩む。監督が時間をかけて作り込むほどに製作費は膨らんでいくが「東宝のプロデューサー陣の予算管理は徹底している」とある業界関係者は言う。

業績好調で配当も大増額に

邦画興収で歴代2位の大ヒットとなった『君の名は。』(©2016「君の名は。」製作委員会)

「『君の名は。』も『シン・ゴジラ』も製作費のコントロールができていた」(浦井常務)。東宝の映画製作は、「化ければ大きいが、思っていたほど興収が伸びなくても問題がない」という土台がある。

会社側は通期の業績見通しについて、売上高2340億円(前期比2.0%増)、営業利益470億円(同15.4%増)と従来の予想を据え置いている。配当については業績の好調を受けて、従来の通期で25円から特別配当20円を含む45円に大増額した。

絶好調の今期だが、来2018年2月期はどうなるのか。特需ともいえる『君の名は。』『シン・ゴジラ』ヒットの反動減が予想される。ただ、安定的に興収20億円以上をたたき出す定番のアニメ映画『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『ポケットモンスター』『妖怪ウォッチ』に加え、大人気漫画を実写化した『3月のライオン』や『ジョジョの奇妙な冒険』のほか、「化けたらおもしろい」(浦井常務)と前評判の『帝一の國』や『君の膵臓をたべたい』など大型作品の公開予定が目白押しだ。

『君の名は。』の新海監督の次の作品は、「3年はかかる」(浦井常務)。ただ2017年夏には米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』と8月に新房昭之監督の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開を予定しており、宮崎駿監督の穴を埋めるアニメーション監督による盤石なローテーションができつつあるようだ。

映画事業は「化ければ大きく、大コケしても問題なし」の揺るぎない基盤を築き上げた。来期の業績はどうなるのか。例年通り、4月の本決算とともに開示される見通しに注目が集まりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?