女も男も「若さ」を価値に置く風潮にモノ申す

楽しそうにしてる人が、結局いちばんモテる

スー:年齢を重ねていけば、失われるものは必ずある。だからといって、自分を無理やり女の土俵からおろさなくていいんだよっていうことですね。

野宮:そう思います。

今は似合わないミニスカートも70歳になったら…

『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

野宮:みんな、人の目を気にしすぎなのかもしれない。自分が何を着たいかよりも、人からいいと思われるファッションを考えちゃうと、わからなくなっちゃう。

スー:「他人から『やめたほうがいい』と思われてるんじゃないかなと考えすぎてやめる服」もある。その辺の折り合いはどう付けてますか?

野宮:客観的に見るようにはしています。例えば、今は顔とのバランスがちょっと違うかなと思うので、ミニスカートは普段は着ない。ライブではたまに着ますけど。でももしかして、70代になったらまた似合うようになるのかなと思ってます。

スー:そこで「卒業」とならないところが、夢のある話ですよね。

野宮:自分より年上でおしゃれな先輩の着こなしを見ていると「卒業」とはならないですよね。

スー:どなたですか?

野宮:雪村いづみさん。今、70代後半なんですけど、とっても声が出るし、音程もいいし、リズム感もいいし、なによりステージで歌うときのシャキッとした立ち姿が素敵なの。以前、とあるライブの楽屋でお会いしたとき、雪村いずみさんの私服が超ミニのワンピースと網タイツだったんです。

スー:私服が!

野宮:あの方、若い頃からずっと脚がきれいなの。中ヒールくらいの金のパンプスを履いていて、すごくかわいらしかった。年をとると、かわいらしさって出てくるじゃないですか。70代でミニスカートを履きこなす雪村さんをみて、自分もいけるかなと、ちょっと楽しみになりました。

スー:海外の女性であこがれの先輩はいらっしゃいますか?

野宮:あんまりいないんですけど、ジェーン・バーキンとか、フランスの女性は素敵ですよね。彼女はイギリス人だけど。フランスって、日本と違って年齢を重ねた女性のほうがモテるじゃないですか。

スー:それ、うわさでは聞くんですけど、本当なのかな。“パリ都市伝説”な気もするんですよ。たしかに、いくつになっても「恋愛をしていたい」って言える空気があるとは思うんですけどね。

野宮:そう。年齢を重ねても、一生女でいる気持ちがあるのよね。

スー:そういう気持ちを全面に出している妙齢の女性がいると、日本だと後ろ指をさされるというか、揶揄の対象になっちゃいますもんね。

野宮:フランス人の男性が、「ボジョレーヌーボーもヴィンテージワインも好きなように、若い子も年齢を重ねた女性も好きだ」って言ってました。

次ページ魅力的なまま年をとることが難しい!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?