女も男も「若さ」を価値に置く風潮にモノ申す

楽しそうにしてる人が、結局いちばんモテる

スー:つまりは女好きってことですか? 

野宮:そうね(笑)。

モテる服を着なくても楽しくしてれば自然とモテる

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

スー:年を重ねた女性の恋愛を揶揄する気持ちっていうのは、まさに自分にも向かってくるので、ちょっと自重&自嘲しないと、社会に自分を滑り込ませられない。女友だちと交際相手の話をするときに「おたくのオジサン元気?」「うちのオジサンがさ」なんて呼び方をするのがまさにそうで。だけど、私にも「モナムール」とか言いたい気持ちはありますよ!

野宮:言ったらいいじゃない(笑)。

スー:その殻を打ち破って自由に生きたいという自分と同時に、他者のことをその殻の中でジャッジする自分もいるんですよ。同じ物差しで自分と他者を測ってジタバタしてしまうことは、まだまだある。まじめな話になりますけど、ある程度の年齢になると、家族というユニットになって生きることが善とされてるのをひしひしと感じたり。私のような不良中年は、少しずつこの境界線をぼやかしていかなきゃなと。家族が「いる」「いない」で分断されないように。

野宮:スーさんは、フランス的な生き方がいいんじゃない?

スー:フランス婚! 籍をいれること自体を嫌悪しているわけではないんです。「いつか結婚してやるぞ!みてろよ!」とは冗談半分でいつも言ってます。でも正直に言えば、すごくしたいわけでも、すごくしたくないわけでもない。

ある程度の年になると、男女ともに恋愛を欲することや「モテたい」と思うことに少し後ろめたさを感じてきますよね。ガツガツしていた男の人が、ある日突然「もうオジサンだから若い子はちょっと……」と恐縮しだしたり。とはいえ、中年になると自分より年上の女性を恋愛対象と見るのはなかなか難しいようで、最終的には女の人が恋愛対象として魅力的なまま年をとることが難しくなっていくのではないかと。

野宮私はモテとか全然関係ないです。自分が着たい物を着て、自分が楽しければそれでいい。自分が楽しく生きてれば、きっとモテちゃうんですよ。

スー:くー! ここ、太字で!

野宮:いわゆる美人じゃなくても、楽しそうな人やポジティブな人って「なんかあの人に会いたくなるなー」って思うでしょう? モテってそういうことじゃないかしら。

(構成:須永 貴子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。