ZARAから学ぶデジタル時代のブランド哲学

いまこそ迅速化すべき4つのポイント

ファストファッション界の巨人「ZARA」から学べることは?(撮影:引地 信彦)

ZARAは、ファッション業界にとって、目の上のコブといえる。ファッションブランドがランウェイで新しいスタイルを発表した数週間後には、ZARAで類似品が売り出されるからだ。

インディテックスというアパレルメーカーによるファストファッションブランド「ZARA」。つい先日、2016年の第1から第3四半期において、昨年比で9%も増益があったと発表された。これは24億ドル(約2800億円)に値する。ZARAに扇動される形で、ファッション業界は消費者からの要求やソーシャルメディア中心のトレンドに慌ただしく対応する必要がでてきた。

ファストファッション界の巨人となったZARAは、もちろん問題点も抱えている。大量生産における環境汚染や労働環境について批判されることが多いのだ。しかし、ZARAと競争するにあたり、従来のリテール企業たちがZARAから学ぶこともある。

「ZARAは従来のリテール企業たちの足元に火をつける格好となった。ZARAと同じような成績を出そうと思うと、リテール企業は根本的な改革をしないといけなくなってしまう。しかし、ここまでファッションブランドが行った対策にも優れたものが出てきている」と語るのは、L2のファストファッションに関するリテール専門レポートを制作したケイトリン・アイルワード氏(シニア・リサーチ・アソシエイト)だ。

現存のビジネスモデルを根本的に作り変えてしまうことなしに、ZARAの成功からブランドたちが学べる点について以下にまとめた。

体制変更して素早く「販売」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

バーバリー、マイケル・コース、トム・フォード、そしてトミー・ヒルフィガーといったブランドが、プロダクト出荷スケジュールを早めたことで「(ランウェイで)見たものはすぐに買いたい」という消費者たちの欲求に答えたのは大胆な決断であった。

それまでは新しいプロダクトがランウェイで発表されてから店頭で買えるようになるまでに長く待たなければならない時間があったからだ。人々の目にさらされてすぐに販売が開始されることで、ZARAによる類似品の販売の脅威も減らすことができる。

次ページ迅速な生産システムが必要不可欠だ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。