あの鴻海・郭台銘がトランプを意識し始めた

シャープを買った豪腕経営者が放つ大胆投資

これほどの巨大な組織だが、方針決定は極めてスピーディー。まずはやってみる。そして、間違っていたら修正する、というのが郭会長の性格である。ただし午前中の決定が午後には変わっていることがある。となると、会社中は大騒ぎになるが、変わらないことが1つある。それは「郭会長の命令は絶対」ということだ。

こんなエピソードもある。シャープへの資本参加が最終段階に入ったときだ。日本にいた郭会長は、前日夜になって、翌日の銀行との会議にある幹部を出席させるべきだと考え、台湾の龍華工場にいたこの幹部に緊急の電話をかけた。

この幹部は、翌朝には会議に姿を現した。電話の後、ただちに龍華工場からバスで深センに行き、そこから船で香港に着いた。そして、夜中0時の航空機で朝5時過ぎに成田空港に到着すると、車を飛ばして8時前には会議の場所に到着し、待っていたのだ。ホテルに入ってシャワーを浴びる時間も取らなかった。このように、鴻海の幹部は郭会長の指示を受けると、条件反射のように使命を達成するため命をかける。

2020年の台湾総統選挙に出馬?

郭会長は台湾にいる場合、毎朝9時には会議を開く。この会議には、重要幹部のほか、会長室のメンバーが加わる。会長室は、11の事業部門からそれぞれ3~5人派遣された若手社員たちで構成され、会長直属となる。これらの若者を通じて、郭会長はより的確に会社の状況を把握できる。毎日の会議に参加することで、自然に鴻海の精神を植えつけられていく。

郭会長スタイルに満ちた鴻海流が、海を渡って日本に伝えられた。郭会長は華麗な転身を遂げ、世界のステージに立つことができ、そのグループは、中国、日本から米国にまで拡大しようとしている。

ただ、台湾人が気にするのは、やはり郭会長が台湾の総統選挙に出馬するかどうかだ。2020年の総統候補として、誰もがよく知るこの人物が登場するのか。答えは郭会長の心中にしかない。

(台湾『今周刊』2016年12月26日号より)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT