マック、バチカン近くへの出店を巡って論争

「ローマの伝統的な食文化から大きく逸脱」

 1月3日、ローマ法王庁(バチカン)のサンピエトロ聖堂近くに昨年12月30日、米ファストフード「マクドナルド」の店舗がオープンし、是非をめぐる議論が巻き起こっている(2017年 ロイター/Alessandro Bianchi )

[バチカン市 3日 ロイター] - ローマ法王庁(バチカン)のサンピエトロ聖堂近くに昨年12月30日、米ファストフード「マクドナルド」の店舗がオープンし、是非をめぐる議論が巻き起こっている。

昨年計画が明らかになると、エリオ・スグレッチャ枢機卿が、マクドナルドの商品はローマの伝統的な食文化から大きく逸脱しており、健康的とは言えないとして反対の声を上げた。枢機卿は当時、レプブリカ紙に対し「法王が教える通り、苦しんでいる人々に助けを提供するため、この場所を利用するほうが良い」と語っていた。

一方、3日のランチタイムには2人の修道女が店舗のある建物に入っていくところを目撃されている。マクドナルド側は、店舗が入居している建物はバチカンの外の観光名所に位置しているとの声明を発表。「このケースでも、イタリア国内のあらゆる歴史的な場所の近くで営業する場合と同様、店舗は歴史的な環境に十分適応している」と述べている。

イタリアでは、古都フィレンツェの市長がマクドナルドの出店申請を却下しマクドナルドが訴訟を起こすなど、市がファストフード店に圧力をかけるケースが発生している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT