マック、バチカン近くへの出店を巡って論争

「ローマの伝統的な食文化から大きく逸脱」

 1月3日、ローマ法王庁(バチカン)のサンピエトロ聖堂近くに昨年12月30日、米ファストフード「マクドナルド」の店舗がオープンし、是非をめぐる議論が巻き起こっている(2017年 ロイター/Alessandro Bianchi )

[バチカン市 3日 ロイター] - ローマ法王庁(バチカン)のサンピエトロ聖堂近くに昨年12月30日、米ファストフード「マクドナルド」の店舗がオープンし、是非をめぐる議論が巻き起こっている。

昨年計画が明らかになると、エリオ・スグレッチャ枢機卿が、マクドナルドの商品はローマの伝統的な食文化から大きく逸脱しており、健康的とは言えないとして反対の声を上げた。枢機卿は当時、レプブリカ紙に対し「法王が教える通り、苦しんでいる人々に助けを提供するため、この場所を利用するほうが良い」と語っていた。

一方、3日のランチタイムには2人の修道女が店舗のある建物に入っていくところを目撃されている。マクドナルド側は、店舗が入居している建物はバチカンの外の観光名所に位置しているとの声明を発表。「このケースでも、イタリア国内のあらゆる歴史的な場所の近くで営業する場合と同様、店舗は歴史的な環境に十分適応している」と述べている。

イタリアでは、古都フィレンツェの市長がマクドナルドの出店申請を却下しマクドナルドが訴訟を起こすなど、市がファストフード店に圧力をかけるケースが発生している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。