クリスピードーナツ、あの新宿1号店も閉店へ

1月3日に「契約満了」で閉店、新型店舗に活路

長い行列が話題になった国内1号店の「新宿サザンテラス店」。10年の賃貸契約が切れるのを機に、契約更新を行わずに閉店する(記者撮影)

12月16日の昼過ぎ、JR新宿駅南口にあるクリスピー・クリーム・ドーナツ「新宿サザンテラス店」(渋谷区)を訪れた。店内72席の大型店舗だが、平日の午後にもかかわらず、結構な客の入りだ。

ちょうど10年前の2006年12月、ロッテと流通業界に強いリヴァンプが組み、米ドーナツチェーンのクリスピー・クリーム・ドーナツを日本に導入した。1号店となったこの「新宿サザンテラス店」には連日長蛇の列ができ、注目を集めた。

契約を更新せずに退店

店舗の入り口に張り出された「営業終了」のお知らせ(記者撮影)

輝かしい実績を誇る1号店――。だが、その入り口には「(2017年)1月3日の22:30をもって営業を終了する」というお知らせが、12月16日からひっそりと張り出されている。会社側は業績が不振だからではなく、不動産を所有するJR東日本との契約が10年で満期を迎えるため、契約を更新せずに退店をするのだという。

取材に応じたクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの若月貴子副社長は「上陸当初の”知名度をあげる”というミッションは達成した。10年間で培ったものを生かし、これからのクリスピー・クリームをどうしていくのが大切だ」と話す。

11月5日にクリスピー・クリーム、「大量閉店」の全真相で報じたように、同社は今、行列のできるドーナツ店から地元で長く愛されるブランドへの転換を進めている。その一貫で2016年春頃に一気に20店弱ほどを閉店した。

これまで社内的にも、一般人の持つイメージとしても、サザンテラス店の行列ができるドーナツ屋というイメージが強烈だった。同社は新宿や有楽町など、都心の一等地に大型店舗を出店。店内でドーナツを調理する様子を見せる、広域から集客する大型店と、セントラルキッチンから供給を受ける小型店の2種類を展開していた。

次ページクリスピーの挽回策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT