サムスン電子CEO、「品質で妥協は禁物」

新年の訓示で社員にメッセージ

 1月2日、韓国サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)最高経営責任者(CEO)は社員向けの年頭の辞で、製品の品質で妥協してはならないとし、製造工程や安全性検査の改善を求めた。サムスン電子本社で2016年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji/File Photo)

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>の権五鉉(クォン・オヒョン)最高経営責任者(CEO)は2日、社員向けの年頭の辞で、製品の品質で妥協してはならないとし、製造工程や安全性検査の改善を求めた。

また、保護貿易主義や為替相場などのリスクに起因する政治的・経済的不確実性の高まりについて警告した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。