サムスン電子CEO、「品質で妥協は禁物」

新年の訓示で社員にメッセージ

 1月2日、韓国サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)最高経営責任者(CEO)は社員向けの年頭の辞で、製品の品質で妥協してはならないとし、製造工程や安全性検査の改善を求めた。サムスン電子本社で2016年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji/File Photo)

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>の権五鉉(クォン・オヒョン)最高経営責任者(CEO)は2日、社員向けの年頭の辞で、製品の品質で妥協してはならないとし、製造工程や安全性検査の改善を求めた。

また、保護貿易主義や為替相場などのリスクに起因する政治的・経済的不確実性の高まりについて警告した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。