中国スマホの台頭で電子部品はどうなる?

村田、TDKは「アップル1本足」からの脱却急務

上海の店頭で売られる中国メーカーのスマホ。最近の進化は著しい(写真:ロイター/アフロ)

近年は良くも悪くも米アップル頼みで好業績を謳歌してきた日本の電子部品メーカー。その構図がいよいよ崩れようとしている。

スマホ向けが全体売り上げの6割弱を占める村田製作所の場合、2016年度上期(4~9月)の通信向け売り上げは対前年比で1割減に沈んだ。要因は円高に加え、アップル向け部品の減少だ。iPhoneはユーザーをひきつけるような新機軸を打ち出せなくなり、アップルの売り上げは年初から3四半期連続で前年同期比割れの減収トレンドの渦中にある。

その落ち込みを支えたのが中国のスマホメーカー向けだ。2016年度上期の村田製作所の通信向け事業のうち、中国スマホメーカー向けが占める割合は20%と、前年同期から3ポイント上昇した。中国メーカー品が伸びた背景には、ローカルの需要とインドなど周辺国への輸出の増加が挙げられる。

オッポの出荷台数は1年で倍増

中国メーカー内の競争激化も製品の“進化”を促している。特に伸びているのは新興勢力であるOppo(オッポ)やVivo(ヴィーヴォ)だ。オッポの出荷台数(2016年7~9月期)は前期比で2倍以上の2530万台に達し、全体でも4位につける。

両社は数万円程度の中価格帯の製品に強い。アップルほどの高価格ではないにもかかわらず、薄くおしゃれな外観に加え、AMOLEDという有機ELの一種を画面に採用している機種もあるように、機能面でも大きく見劣りするわけではない。

次ページサムスン発火の影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。