中国政府債、「異常な変動」で取引一時停止

「50年債」が一時10%超下落の異常事態に

[上海 3日 ロイター] - 中国の政府債の取引が3日午前、一時停止された。上海証券取引所は、「異常な変動」が停止の理由としている。上海証取の声明によると、50年債の取引が0236GMT(日本時間午前11時36分)に停止され、0306GMT(同午後0時06分)に再開された。

50年債は取引停止前に10.17%下落。0416GMT(日本時間午後1時16分)時点で5.7%安で推移している。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?