鴻海・シャープ合弁、中国でLCD工場建設へ

88億ドル投資

 12月30日、台湾の鴻海精密工業とシャープが出資している堺ディスプレイプロダクトは、中国広東省広州市に液晶表示装置(LCD)の製造工場を建設する計画を発表した。写真はシャープのロゴ、千葉市で10月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[北京 30日 ロイター] - 台湾の鴻海精密工業<2354.TW>とシャープ<6753.T>が出資している堺ディスプレイプロダクトは、中国広東省広州市に液晶表示装置(LCD)の製造工場を建設する計画を発表した。610億元(約88億ドル)を投じる。

人気記事
トピックボードAD
  • 地方創生のリアル
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • フランスから日本を語る
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。