英歌手ジョージ・マイケルさん死去、53歳

「自宅で静かに息を引き取った」

 12月25日、英歌手ジョージ・マイケルさんが死去した。53歳だった。BBCが25日、同氏の代理人の話として報じた。2011年、プラハでのコンサートにて(2016年 ロイター/David W Cerny)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英人気歌手で、ポップデュオ「ワム!」やソロシンガーとして活躍したジョージ・マイケルさんが25日、英国の自宅で死去した。53歳だった。

マイケルさんの広報担当者が「私たちの愛すべき息子、兄弟、そして友人であるジョージが、このクリスマスの期間に自宅で亡くなったことは大きな悲しみだ。家族はこの困難な時にあってプライバシーを尊重してほしいと望んでいる。現時点でこれ以上のコメントはない」と発表した。

英警察は、マイケルさんの死について「原因の説明は不可能だが、不審な点はない」としている。

1963年にロンドンでギリシャ系移民の両親の下に生まれたマイケルさんは、1981年に「ワム!」を結成し「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」、「ケアレス・ウィスパー」、「ラスト・クリスマス」などの大ヒットを飛ばした。

ソロアーティストに転向した後も「アイ・ウォント・ユア・セックス」「“フェイス」などのヒット曲を放ち活躍した。

英歌手エルトン・ジョンさんは「強いショックを受けている。愛する友人を失った。優しくて寛容で、素晴らしいアーティストだった」と哀悼のメッセージを寄せた。

*ビデオを追加して再送しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。