中国で民族系自動車メーカーが躍進するワケ

欧州仕込みのデザインで侮れない存在に

SUVのヴェゼル(写真は日本版)が中国で好調な売れ行きだった(撮影:尾形文繁)

急激な拡大を続ける中国の自動車市場で、現地メーカー(民族系)が力をつけて台頭している。日・独など外資系メーカーとのシェア争いも激化しつつある。

2016年(1〜11月、以下同)の中国の乗用車販売台数は、前年比15.5%増の2168万台。12月を残して、すでに年間の過去最高を更新した。

主因は排気量1.6リットル以下が対象の小型車減税だ。中国政府は景気刺激策として小型車の取得税を2015年10月から2016年末まで10%から5%に引き下げた。その結果、乗用車の7割を占める小型車の販売は2016年に2割以上も伸びた。

日系で首位に立ったのはホンダ

ホンダは2016年の中国における乗用車販売で日系首位に立った。SUV(スポーツ多目的車)の「ヴェゼル」などの大幅増に、2016年に投入した小型車「シビック」のヒットも加わり、販売台数は前年同期比28%増の111万台と好調。これまで慎重だった能力増強を決断し、2019年前半に年12万台の新工場を稼動させる。

日産自動車の同期間における乗用車販売も、99万台超と12%伸びた。「年間販売目標の108万台達成は確実」(関潤・専務執行役員)な情勢だ。

次ページゴーン社長はシェアダウンに不満
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT