中国で民族系自動車メーカーが躍進するワケ

欧州仕込みのデザインで侮れない存在に

SUVのヴェゼル(写真は日本版)が中国で好調な売れ行きだった(撮影:尾形文繁)

急激な拡大を続ける中国の自動車市場で、現地メーカー(民族系)が力をつけて台頭している。日・独など外資系メーカーとのシェア争いも激化しつつある。

2016年(1〜11月、以下同)の中国の乗用車販売台数は、前年比15.5%増の2168万台。12月を残して、すでに年間の過去最高を更新した。

主因は排気量1.6リットル以下が対象の小型車減税だ。中国政府は景気刺激策として小型車の取得税を2015年10月から2016年末まで10%から5%に引き下げた。その結果、乗用車の7割を占める小型車の販売は2016年に2割以上も伸びた。

日系で首位に立ったのはホンダ

ホンダは2016年の中国における乗用車販売で日系首位に立った。SUV(スポーツ多目的車)の「ヴェゼル」などの大幅増に、2016年に投入した小型車「シビック」のヒットも加わり、販売台数は前年同期比28%増の111万台と好調。これまで慎重だった能力増強を決断し、2019年前半に年12万台の新工場を稼動させる。

日産自動車の同期間における乗用車販売も、99万台超と12%伸びた。「年間販売目標の108万台達成は確実」(関潤・専務執行役員)な情勢だ。

次ページゴーン社長はシェアダウンに不満
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。