「TSUTAYA」のポータルが目指していること Tカードの強みを生かしたレコメンドとは?

拡大
縮小
代官山蔦屋書店にいるコンシェルジュのような役割を、自社オウンドメディアでも(撮影:今井 康一)

エンタテインメントショップ「TSUTAYA」を手掛けるTSUTAYAはライフスタイル提案をテーマに「T-SITE」というオウンドメディアを2014年10月から運営している。現在、全体で約1900万/月のユニークユーザー数を誇るポータルサイトだ。その特筆すべき強みは、Tカードの顧客基盤と連携したレコメンド機能となっている。

TSUTAYAのネットカンパニーマーケティング本部サービス基盤推進ユニットのユニット長・大畠崇央氏は、「実店舗である代官山蔦屋書店にいるコンシェルジュのような役割を、自社オウンドメディアでも果たしたい」と語る。

DVD・CDレンタルサービス最大手であるTSUTAYAは、店舗とWebサイトの顧客の行動を結びつけるためにどのような取り組みをしているのか、また今後の課題について同氏に聞いた。

店舗とサイトをつなげるTカード

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

TSUTAYAのサービスを利用するために、顧客はTカードを使う。10月末現在157社のパートナーと提携しており、利用できる店舗数は全国で56 万店に達する。10月末現在6082万人のTカードの会員がおり、会員のうち月間利用率は7割以上、週間でも4割を超えるという。ファミリーマートやENEOSなど、多数の大手企業と提携しているため、実店舗での使いやすさがメリットだ。

Webの「T-SITE」はTカードの顧客基盤とも連動しているため、その普及率と利用率の高さは個々の顧客ニーズにより近い情報を届けるための大きな武器となる。また、バラバラであった顧客の購買履歴と店舗の商品情報を、複合的にデータを連動させる仕組みも確立した。

次ページライフスタイルの提案を目的としている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT