米海軍兵13万人超の重要情報が盗まれていた

HP社員のパソコンがハッキング被害

 11月23日、米海軍は現役・退役を含む兵士ら13万4386人の重要情報がハッキングされたと明らかにした。写真は米カリフォルニア州で2015年8月撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米海軍は23日、現役・退役を含む兵士ら13万4386人の重要情報がハッキングされたと明らかにした。海軍と契約しているヒューレット・パッカード・エンタープライズ・サービシズ社員のラップトップパソコンが被害に遭い、社会保障番号などが盗まれたという。

ヒューレット・パッカード<HPE.N>は、この件について10月27日に海軍に報告。海軍は、影響を受けた隊員には数週間以内に通知するとしている。

海軍の人事担当高官は声明で「海軍はこの事態を極めて深刻に受け止めている。これは隊員にとって信用問題だ」と述べた。

また、捜査は初期段階にあるとしたうえで「現時点で情報が悪用されたことを示す根拠は見られない」と説明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。