「忙しい」を理由に断る相手を落とす恋愛戦略

「魅力的な行き先」で攻める!

2)すごく魅力的な行き先で釣る

相手にとってあなたが「特に会いたいというほどの相手ではない」という場合、なかなかちょっとした誘いに応じてもらうことが難しいので、相手にとって魅力的な行き先を提案します。

「え、そこは行ってみたい!」となるような行き先を告げて誘いましょう。

3)人数を増やす

「2人では会いたくない」というパターンはけっこうあります。2人で会うほどの対象だとは思えなかったり、2人で会うのは気まずいと感じていたり。また、相手のことがどうというより、恋人がいるなど、異性と2人で会うことに積極的になれない場合もあります。ですが、「2人では会いたくない」のほとんどは「まあ4~5人でなら別に会ってもいい」というパターンなので、人数を増やした企画で誘うと、あっさり会えたりします。

とにもかくにも、一緒に過ごす時間を持たないと、仮に2人が恋仲になれる相性だったとしても、相手がそのことに気づくタイミングがありません。まずは、2人きりにこだわらず、会う機会をつくりましょう!

『新型ぶりっ子のススメ 彼に恋させる、計算ずくの恋愛戦略』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

ここでは、「新型ぶりっ子」になるためのほんの一例を挙げさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。このほかにも、今回は紹介できませんでしたが「ドリカム理論」など、たくさんの戦略があります。

「新型ぶりっ子」とは、計算ずくの思いやりを駆使し、同性に嫌われずに男性にかわいいと思わせるための戦略的なキャラです。ぶりっ子には見えない、ほどよくエロいぶりっ子――そんな女性になれば恋も結婚も思いのままです。

ぜひ、「勝った」とか「負けた」などといった考えを捨てて、「憧れの相手」に思いやりを尽くせるあなたに生まれ変わってみませんか? 「憧れの彼」を振り向かせることができるあなたになれたら、きっと職場での人間関係や交友関係も今よりうまく行くようになると思います。がんばってくださいね!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT