日産ゴーン氏「米国市場は上触れの好機だ」

トランプ政権景気刺激策を好感

11月17日、トランプ次期米政権の景気刺激策について、日産自動車のゴーンCEOは、米自動車市場が上触れる好機が到来すると予想した。横浜市で5月撮影(2016年 ロイター/THOMAS PETER)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - トランプ次期米政権の景気刺激策について、日産自動車<7201.T>のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は17日、米自動車市場が上振れる好機が到来すると予想した。

ロイターの取材で語った。来年の米自動車販売は今年の水準並みとの見通しを示した。

トランプ氏が大規模なインフラ投資を推進すれば、自動車メーカーに恩恵が及ぶ可能性を指摘。「われわれは慎重ながらも楽観的だ」と話した。

トランプ氏は、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉方針などを表明している。ゴーン氏は「われわれにとって重要なのは(選挙戦のレトリックでなく)実行されることだ」と指摘。「米国で何が起きているかを知るのは時期尚早」とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。