なぜ情報鎖国・北朝鮮で携帯が増えている?

わずか1年強で保有台数が2倍、200万台を突破

わずか1年強で携帯保有台数が2倍、200万台を突破。内情はどうなっているのか

北朝鮮で使用される携帯電話台数が2013年4月、200万台を突破した。北朝鮮で携帯電話事業を行うエジプトのオラスコムメディア・アンド・テクノロジーのナギブ・サウィリス会長が5月末に声明を出したことで明らかになった。人口約2400万の北朝鮮では12人に1人が、同200万の首都・平壌市ではいってみれば「1人1台」時代が到来したことになる。

いったんは列車爆発事故との関連で全面禁止に

北朝鮮では2002年から政府高官などの一部でGSM方式の携帯電話が開通、翌03年には平壌を中心に国民の利用が本格化した。だが、04年に北朝鮮北部・龍川駅で列車爆発事故が発生、この事故に携帯電話が利用されたとし、いったん全面禁止となった。

2008年に事業が再開され、翌09年の加入者数は9万人、10年には43万人と急増。さらに11年にはその倍となる90万人、12年2月には100万人を超えた。現在は、1年強で倍増したことになる。

実際の運営は、オラスコム社と北朝鮮逓信省との合弁会社「高麗リンク」が独占的に事業を行っている。北朝鮮は当初、加入者数の目標を250万人としていたが、今年中には軽々と達成できそうな勢いだ。

次ページ音声以外にも、さまざまなサービスが!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT