吉田カバン、この秋注目のリュックはこれだ

企画担当者に、こだわりを聞いてみた

――デザインの源は?

長谷川:大工さんなどが使う工具用腰袋です。海外に出張に行くと、現地の道具屋などを見て回るのですが、シアトルでホームセンターに立ち寄った際、いくつかの工具用腰袋を見つけました。リベットにワッシャーを噛ませたり、中にナイロンテープを入れてへり巻きしたりと、ヘビーデューティな作りが面白いと思いました。

――それで、この特徴的な外ポケットが生まれたんですね。

長谷川:「ポケットのへりをわずかに凸状にすることで荷物が転落しにくくなる」など、縫製職人さんからもたくさんのアドバイスをいただきました。職人さんから「こんなカバン作ったことない」ともいわれましたが(笑)。

――それだけ常識を打ち破ったデザインだったということですね。

長谷川:20年以上のロングセラーになってとても愛着のあるシリーズです。

もうひとつの目玉は?

(左)デイパック\28000(右)デイパック\27000

もうひとつ、この秋冬に注目したいリュックサックがある。機能を徹底追求したミリタリースタイルのポーター スペック(9型3色 12月上旬発売予定)。今季の受注数は同社の中でもトップクラスという。

次ページ機能性はどうなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT