日経平均は欧米株安など受け小幅続落

後場は下げ渋り一時上昇に転じる場面も

東証33業種別では、9業種が上昇し、下落は24業種。上昇率トップは電気・ガスの2.66%で、これに小売り、繊維が続いた。一方、下落率トップは紙・パルプの3.17%で、以下、不動産、輸送用機器、ゴム、銀行が続いた。

ユニクロ、ソフトバンクが値を戻す

東証1部の42.1%に当たる723銘柄が値上がりし、50.5%に当たる867銘柄が値下がり。変わらずは127銘柄だった。個別ではイオンモール、乃村工藝社が急落し、オリンパスの下げもきつく、トヨタ、ホンダ、スズキなど輸出関連株も下げた。反面、ファナックやコマツ、キヤノンが買われ、新日本科学、石塚硝子の上昇率が目立った。前場の相場の足を引っぱったファーストリテイリングとソフトバンクは、後場に前日終値と同値まで戻し取引を終えた。

本日の日経平均は後場に急速に下げ渋ったことから、「ようやく底値固めの段階に入ってきた」(大手証券)との見方もあるが、このところエネルギーがやや細ってきている点は気掛かり。また、今後もいくつか重要なイベントが控えている。当面は、14日の株価指数先物とオプションのSQ(特別清算指数)算出、さらには18~19日の米FOMC(連邦公開市場委員会)などが注目されそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT