日経平均は欧米株安など受け小幅続落 後場は下げ渋り一時上昇に転じる場面も

印刷
A
A

東証33業種別では、9業種が上昇し、下落は24業種。上昇率トップは電気・ガスの2.66%で、これに小売り、繊維が続いた。一方、下落率トップは紙・パルプの3.17%で、以下、不動産、輸送用機器、ゴム、銀行が続いた。

ユニクロ、ソフトバンクが値を戻す

東証1部の42.1%に当たる723銘柄が値上がりし、50.5%に当たる867銘柄が値下がり。変わらずは127銘柄だった。個別ではイオンモール、乃村工藝社が急落し、オリンパスの下げもきつく、トヨタ、ホンダ、スズキなど輸出関連株も下げた。反面、ファナックやコマツ、キヤノンが買われ、新日本科学、石塚硝子の上昇率が目立った。前場の相場の足を引っぱったファーストリテイリングとソフトバンクは、後場に前日終値と同値まで戻し取引を終えた。

本日の日経平均は後場に急速に下げ渋ったことから、「ようやく底値固めの段階に入ってきた」(大手証券)との見方もあるが、このところエネルギーがやや細ってきている点は気掛かり。また、今後もいくつか重要なイベントが控えている。当面は、14日の株価指数先物とオプションのSQ(特別清算指数)算出、さらには18~19日の米FOMC(連邦公開市場委員会)などが注目されそうだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT