薬のネット販売解禁へ、それでもくすぶる火種

安倍首相が原則解禁を発表。ただ課題は残る

「インターネットによる一般医薬品の販売を解禁します」。安倍晋三首相は6月5日に発表した成長戦略第3弾の中で、このように宣言した。

市販薬のネット販売をめぐっては、薬剤師会、薬害被害者団体などの慎重派と、ケンコーコム、楽天などのネット販売事業者が真っ向から対立している。今回、原則解禁する方針が打ち出されたことで一件落着したように見える。

ただ、事は簡単に進まないだろう。安倍首相は「消費者の安全性を確保しつつ、しっかりしたルールの下ですべての一般医薬品を解禁します」と述べたが、安全性を確保するためのルール作りがこれまで難航してきたからだ。

市販薬のネット販売は、副作用のリスクが高いとされる第1類、第2類の販売を厚生労働省が規制した省令について、今年1月に最高裁判所が違法と認定したことから事実上解禁された状態になっている。これを受けて、厚生労働省は2月に検討会を設け、新たな安全対策のルール作りを議論してきた。

次ページルール作りは波乱含み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。