「LINEが超長文」はブラック彼氏の危険信号

スマホの画面が埋め尽くされたら警戒しよう

朝、子どもの登校時間になっても、妻は正座して夫の話を聞いていなければならず、睡魔に負けて一瞬うたた寝をすれば、それを見とがめられて、また怒られる。

「もう朝だから止めようよ」と言えば、「オレの話が聞けないのか」と、また難癖をつけます。長く話すこと自体が目的ですから、彼女が反抗するそぶりを見せれば、新たな怒りをたぎらせるという終わらないループ。

このような「オレの話」の強要は、モラハラの典型的な特徴です。

親依存から妻依存へ

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

耐えられなくなった妻が、浮気に走るといったケースも数多く見てきました。もともと妻が浮気をするタイプでなくても、夫から逃亡する先が「浮気」というわけです。

妻に浮気される夫には、モラハラ系が多いのですが、その根底には、女性の人格を尊重しないという問題が横たわっています。妻が浮気に至った原因を知ろうとはせず、「自分は被害者、妻が反省さえすればやり直せる」と思い込んでいます。

彼らは、親に褒められたいと進学や就職を頑張ってきた男たち。人の評価をエネルギーにして生きてきて、結婚後は「妻に認められたい」と方向変換します。

いわば親依存から妻依存への切り替えは、自然の成りゆきのようにも思えますが、それも夫婦関係がうまくいっている場合の話で、関係がぎくしゃくすれば再び親依存に戻ります。

モラハラ系の夫たちは、離婚相談に両親の付き添いでやって来ることが多いのです。40代の夫が、80代の両親を連れて来ることも。

この類型のモラハラ系には、交際の早い段階で、「メールが長くて読みにくい」と言ってあげましょう。おそらく、彼にとってその指摘は意外なはずです。彼が自分に意見をしてきたということで別れを考えるのか、あなたが一方的に意見をぶつける相手ではないと分かり、態度を改めるのか。ちょっとした賭けのようなものですが、よりよいコミュニケーションを始めるチャンスになるかもしれません。

<対処法>
長いメールがきたら、読みにくいことをしっかり伝えて、彼の反応をみてみましょう。改善してくれる彼であればモラハラ系ではありません。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。