「イヴォーク」のオープンはこんなにも楽しい レンジローバーのSUVが持つ予想外の操縦感

印刷
A
A

もっともスタイリッシュなSUVといえるレンジローバー イヴォークに、さらに商品性をアップさせるモデルが加わった。4人乗りのフルオープン、イヴォーク コンバーチブルだ。乗るとヨイ出来だとわかる。

デザイナーのスケッチがそのまま商品化されたような

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、2016年9月9日から日本での受注が開始された新型車だ。デザイナーのスケッチがそのまま商品化されたようなスタイリッシュなSUVとして世界的に人気のイヴォークが発表されたのは2008年。ここにきてセールスのテコ入れはニッチ(すきま)商品で、と考えるのが普通かもしれないけれど、コンバーチブルはじつは当初から計画されていたモデルだそうだ。

特徴は電動ソフトトップを備えたSUVという、他に類のないコンセプトにある。セダンをベースにしたコンバーチブルはそれなりにスタイリッシュでいいものだけれど、SUVというのは斬新な発想だ。ところがスタイリングは上手でキワモノ感はいっさいない。実車をみるとより魅力的で、幌を開けたときはもちろん、閉めたときもかなりスタイリッシュで、自動車好きなら大いに興味を惹かれるのでは。

エンジンは従来のイヴォーク(4ドア)とイヴォーク クーペ(2ドア)と共用の2リッター4気筒。177kW(240ps)の最高出力と340Nmの最大トルクを発生する。この数値も同一だ。変速機はオフロード用にウルトラロー・ファーストギアを組み込んだ9段オートマチック。駆動は基本的に前輪のみで行い、路面状況などで即座に後輪にトルクを配分するオンデマンド型の4WDである。もちろん路面によってエンジントルク制御やダンパーの減衰力を返るテレインレスポンスなど、ランドローバーとレンジローバーでおなじみのオフロード用のシステムもちゃんと備わっているのだ。

次ページ操縦感覚は実は予想外だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT