前ベルギー国王、隠し子訴訟で来年出廷へ

10年以上にわたり王室による認知を要求

 10月25日、ベルギーの前国王であるアルベール2世(82)が来年2月21日、父系問題の訴訟に伴い出廷することとなった。アルベール2世の娘と主張するアーティスト、デルフィーヌ・ボエルさん(48)の弁護士が明らかにした。写真は2014年6月撮影(2016年 ロイター/Laurent Dubrule)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ベルギーの前国王であるアルベール2世(82)が来年2月21日、父系問題の訴訟に伴い出廷することとなった。アルベール2世の娘と主張するアーティスト、デルフィーヌ・ボエルさん(48)の弁護士が明らかにした。

ボエルさんは、父親に関する問題を解決したいとして、10年以上にわたり王室による認知を求めている。

アルベール2世自身はこの件についてコメントしたことがないが、王妃だったパオラ夫人が1999年に出版した自伝で、アルベール2世は不倫関係を持ち、1960年代に娘が生まれていると記述、問題が注目されるようになった。

アルベール2世は、健康上の理由から2013年に退位している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。