前ベルギー国王、隠し子訴訟で来年出廷へ

10年以上にわたり王室による認知を要求

 10月25日、ベルギーの前国王であるアルベール2世(82)が来年2月21日、父系問題の訴訟に伴い出廷することとなった。アルベール2世の娘と主張するアーティスト、デルフィーヌ・ボエルさん(48)の弁護士が明らかにした。写真は2014年6月撮影(2016年 ロイター/Laurent Dubrule)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ベルギーの前国王であるアルベール2世(82)が来年2月21日、父系問題の訴訟に伴い出廷することとなった。アルベール2世の娘と主張するアーティスト、デルフィーヌ・ボエルさん(48)の弁護士が明らかにした。

ボエルさんは、父親に関する問題を解決したいとして、10年以上にわたり王室による認知を求めている。

アルベール2世自身はこの件についてコメントしたことがないが、王妃だったパオラ夫人が1999年に出版した自伝で、アルベール2世は不倫関係を持ち、1960年代に娘が生まれていると記述、問題が注目されるようになった。

アルベール2世は、健康上の理由から2013年に退位している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT