外食業界を「ブラック」と決めつけていないか

就活に役立つ、外食「優良企業」3社はこれだ

修理業者としては、メンテキーパーに加入することで、安定して一定量の仕事を紹介してもらえるメリットがある。参加する修理業者の増加でサービス対応力が高まり、それが利用店舗の増加にもつながっている。

シンプロメンテは2013年にマザーズに上場し、それ以降も利用店舗数は増加の一途。2017年2月期は、売上高55億円(前期比11%増)、営業利益2億5000万円(同18%増)と、2桁の増収増益を見込む。サービスを提供しているのは約2万6000店舗に上る。

2016年10月の決算説明会で内藤会長兼社長は、第2の創業を実現するとして、事業を積極的に拡大させると宣言した。東京都大田区で創業し、現在は品川に本社を置いているシンプロメンテの取引店舗は、関東地区が約半分を占めている。今後は事業エリアの拡大とサービス内容の充実を図る。

これまで新卒採用を行っていなかったものの、2017年以降は採用開始を検討している。従来は第2新卒を採用していたが、新卒採用も行うことで、人材強化を加速させる方針だ。

内藤会長兼社長は説明会で、従業員の待遇に関する質問に対し、「(昭和の高度成長期に首相だった池田勇人氏が唱えた)所得倍増を社員が実現できるような会社にしたい、と思って経営してきた」と語った。シンプロメンテの平均年収は524万円。メンテナンス業界で売上高1位のイオンデライトの472万円を大きく上回っている。

外食業界では、大手企業が”ブラック企業”と大きく報道されたこともあり、業界を厳しい目で見ている就活生は少なくない。しかし、従業員に対して、温かい配慮を忘れない企業もある。

むしろキャリアアップの機会に

同様にぐるなびも、事業拡大したこの10年間で、従業員の待遇を大きく改善。平均年間給与は449万円から573万円へと100万円上がった。業績拡大に伴い、2割以上も給与水準をあげたことになる。

また、従業員数は573名から1586名へと約3倍に拡大。組織の規模が大きくなることによって、さまざまな仕事をするチャンスが増え、キャリアアップを実現した社員は少なくない。

外食関連企業の場合、年収が低いだけでなく、定着率が低いことでキャリアアップが難しい、というイメージがある。が、その外食業界の中にも成長企業はあるし、年収が伸びている企業があることを知っていただきたい。こうした成長企業では、キャリアアップのチャンスをつかみやすいものだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング