スケートアメリカ、宇野が自己ベストで優勝

4回転ジャンプ3本を成功

 10月23日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカはシカゴで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨が190.19点で1位となり、合計279.34点の自己ベストで優勝した(2016年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

[23日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは23日、シカゴで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨が190.19点で1位となり、合計279.34点の自己ベストで優勝した。

宇野は冒頭の4回転フリップを成功させると、4回転トーループ、4回転トーループ─2回転トーループのコンビネーションも決め、4回転ジャンプ3本を成功させた。

ジェーソン・ブラウンが合計268.38点で2位、アダム・リッポン(ともに米国)が合計261.43点で3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT