全米で航空機内へのノート7持ち込み禁止

シンガポール航空も

 10月14日、米当局は、発火の報告が相次いだ韓国サムスン電子の新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」について、15日から米国内で航空機への持ち込みを禁止すると発表した。写真はソウルで8月撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ワシントン/シンガポール 15日 ロイター] - 米当局は14日、発火の報告が相次いだ韓国サムスン電子<005930.KS>の新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」について、15日から米国内で航空機への持ち込みを禁止すると発表した。

サムスン電子はすでにノート7の販売と生産を打ち切った。

フォックス米運輸長官は今回の禁止命令について、「搭乗者全員の安全を優先」するためと説明。ノート7の機内持ち込みのほか、預ける荷物に入れることも禁止する。

運輸省は、命令に違反した場合、罰金に加えて、刑事罰に問われる可能性があると警告し、航空機にノート7を持ち込もうとした乗客は搭乗を拒否されるとした。

シンガポール航空も15日、ノート7の機内持ち込みや荷物に同製品を入れて預けることを16日から禁止すると発表。同製品を携帯する乗客には搭乗を認めないとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT