サムスンが用意したノート7返送グッズとは?

耐火性ボックスと手袋を配布

 10月12日、韓国のサムスン電子は、発火トラブルによって発売からわずか2カ月で生産・販売が中止された新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の安全な回収に向け、同社ウェブサイトで同機種を購入した顧客に対し返送用の耐火性ボックスと手袋を配布していることを明らかにした。写真はソウルで10日撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は、発火トラブルによって発売からわずか2カ月で生産・販売が中止された新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の安全な回収に向け、同社ウェブサイトで同機種を購入した顧客に対し返送用の耐火性ボックスと手袋を配布していることを明らかにした。

サムスンは声明で、政府の規制に基づき、リチウムイオン電池を搭載したリコール機種は特別なボックスで梱包し輸送する必要があると説明した。

サムスンは、ノート7のバッテリーから発火が相次いだことから、9月上旬に250万台のリコールを発表。しかし、交換後の製品からも発火が起きたため、11日に生産と販売を終了する方針を発表した。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?