トヨタとダイハツが「二人三脚」で狙うもの

新カンパニー発足で苦手分野を克服へ

2011年3月にトヨタが発表した中期目標「グローバルビジョン」では、2015年に先進国と新興国の販売比率を50対50にする目標を打ち出していた。しかし、2015年度の新興国比率は約4割にとどまっている。その原因として、東南アジアや中南米など中国以外の新興国は経済低迷により市場自体が伸び悩む一方、米国や欧州などでは思った以上に市場が伸びたことがある。

ダイハツがインドネシアで展開する「シグラ」。トヨタブランドでも販売している

ただ目標に未達なのは、新興国での需要の低迷だけではない。豊田社長らが認めるように、そうした国々で売れ筋となる小型車でトヨタが強さを発揮できていないのも事実だ。

「両社で合弁会社を作るイメージ」(トヨタの寺師茂樹副社長)の新カンパニーで攻略しなければならないのがインド市場だ。ここではスズキが50%近くの乗用車シェアを握る。一方でトヨタは4%前後と低迷中。2010年、インド向けに戦略車「エティオス」を投入したものの、価格と性能のバランスを取れず惨敗している。これまでもダイハツとの連携でのインド戦略は検討されてきたが、まだ実現していない。

スズキの牙城、インドを崩せるか

新カンパニーを作ったからといって、インド攻略が簡単になるわけではない。トヨタのコスト構造ではインドで戦えないことははっきりしている。ダイハツが主導して現地の部品調達先から開拓する必要がある。そしてスズキの壁が高いのは、現地での販売網でも同じだ。いずれにしてもハードルが高いことは確かだ。

もちろんこれはトヨタも承知の上のこと。カンパニー制導入に当たって豊田社長は、「組織改正はソリューション(解決策)ではなく、オポチュニティ(機会)である」と強調してきた。新カンパニーがうまくいくかどうかは、まさにこれからの取り組み次第。ダイハツの位置づけを明確にしたことで、いよいよ始まる新興国への反転攻勢に注目が集まる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT