NY州、トランプ財団に資金集めの停止を命令

届出義務違反の疑いで

 10月3日、米NY州司法長官はトランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。トランプ氏。3日撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン司法長官は3日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。

司法長官の事務所がインターネット上に掲載した9月30日付書簡で明らかとなった。これに先立ち米紙ワシントン・ポストは、同財団が無届けで寄付を募っていたと報じていた。

書簡では「寄付依頼の即刻停止と当局への情報報告提出を行わない場合、NY州民への不正行為継続とみなす」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。