NY州、トランプ財団に資金集めの停止を命令

届出義務違反の疑いで

 10月3日、米NY州司法長官はトランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。トランプ氏。3日撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン司法長官は3日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。

司法長官の事務所がインターネット上に掲載した9月30日付書簡で明らかとなった。これに先立ち米紙ワシントン・ポストは、同財団が無届けで寄付を募っていたと報じていた。

書簡では「寄付依頼の即刻停止と当局への情報報告提出を行わない場合、NY州民への不正行為継続とみなす」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT