トヨタの対話型ロボットが問う「愛のカタチ」

愛車に続き、ロボットがパートナーになる日

さまざまな仕草や会話は、主に専用アプリをインストールしたスマートフォンと、キロボ本体を近距離無線通信「ブルートゥース」でつなぐことで実現している。マイクは3つ搭載されており、それで声がどこから聞こえるか認識して、その人の方向に顔を向ける。また本体に搭載したカメラで人の表情を認識して、感情を推定して動作や会話を行う仕組みだ。

生産は2014年7月にソニーから事業分離したVAIO(バイオ)と協業し、同社のある長野県安曇野市で行う。

トヨタの吉田守孝専務役員は「この大きさでやるにあたって、バイオのパソコンの高密度実装技術は大変すばらしい。キロボの中にもいろいろな基板がたくさん入っている。実際にバイオを安曇野で生産しており、その生産や部品交換、修理のノウハウを多く持っている。そういう意味でVAIOと協業できるのは大変ありがたい」と話す。

トヨタが考える"愛"のカタチ

トヨタの吉田守孝専務役員(右)と片岡史憲・MS製品企画部主査(左)(記者撮影)

なぜトヨタが一般消費者向けのコミュニケーションロボットを出すのか。きっかけは“愛車”という言葉だという。

吉田専務役員は「車は数ある工業製品の中で“愛”がつく数少ない製品。車はドライバーの操作に呼応、反応する。これは人と車のコミュニケーションに他ならない。車とは同じ時期、同じ景色を見て、思い出が増える中でパートナーのように心を感じる。これが信頼、愛着につながる。それを車とは違う形で作るチャレンジだ」と説明する。

価格面でも気を遣った。「(キロボ ミニは)スマートフォンほどの機能は備わっていない。昨年の東京モーターショーでお客様に体感してもらい、2000のアンケートを取る中で、この価格を設定した」(吉田専務役員)という。

キロボはトヨタがクルマづくりの根底に置いている「人に寄り添い、心を動かす」という理念をクルマとは違う形で表した新たなモノ作りのチャレンジ「トヨタハートプロジェクト」の一環として具現化したものだ。

トヨタはキロボ ミニを10月4~7日に開催されているエレクトロニクスの総合展「シーテック」に出展している。車離れが言われる中、愛らしいロボットをアピールし、従来の自動車ユーザー以外も開拓したい狙いだ。「クルマとは違うチャレンジ」と話すトヨタ。キロボ ミニは未来のトヨタに向けた大きな一歩になるかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT