就活の“後ろ倒し”は迷惑?大学生の本音

首相が「3年生3月解禁」を、経済界に要請へ

内定ゼロで卒業する学生が続出する懸念も

仮に「3月解禁、8月選考開始」が実施されたとして、短期決戦で就活を終了できる学生ばかりではない。「卒業後も就活を続行せざるをえない孤立無業(SNEP)の若者が増えるのではないか」と前出の平野氏は懸念する。就活セミナー、中小企業の採用活動や、公務員試験の時期など、多方面に影響を与えるはずだ。

「これまでもそうだったが、なぜ、時期だけにこだわるのか。勉強させたいのであれば、現行のルールのまま勉強させる方法も考えられるのではないか」(平野氏)という指摘ももっともだ。学業と両立できる就活は本来どうあるべきなのか、長期的視野が欠けているように見える。学生にしてみると、頻繁な「解禁時期」変更は、迷惑以外の何ものでもない。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。