韓国当局、「ノート7」の安全対策強化を命令

サムスン電子に対して

 9月22日、韓国当局はサムスン電子に対し、「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。8月にソウルで行われた発表会で撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国当局は22日、サムスン電子<005930.KS>に対し、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。同社は韓国で「ノート7」の販売再開を28日に計画している。

サムスンは今月、一部でバッテリーに発火の恐れがあるため、世界で少なくとも250万台の「ノート7」をリコール(回収・無償修理)した。韓国と米国を含む複数の市場では交換に応じている。

韓国技術標準院(KATS)は声明で、リコール計画を正式に承認したとし、新たに使用されているバッテリーは安全だとした。

KATSはサムスンに対し、出荷前にサプライヤーにX線テストを実施させるよう命じたほか、サムスン独自の検査や返金の期限を9月19日から9月30日に延期するよう命じた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT