韓国当局、「ノート7」の安全対策強化を命令

サムスン電子に対して

 9月22日、韓国当局はサムスン電子に対し、「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。8月にソウルで行われた発表会で撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国当局は22日、サムスン電子<005930.KS>に対し、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。同社は韓国で「ノート7」の販売再開を28日に計画している。

サムスンは今月、一部でバッテリーに発火の恐れがあるため、世界で少なくとも250万台の「ノート7」をリコール(回収・無償修理)した。韓国と米国を含む複数の市場では交換に応じている。

韓国技術標準院(KATS)は声明で、リコール計画を正式に承認したとし、新たに使用されているバッテリーは安全だとした。

KATSはサムスンに対し、出荷前にサプライヤーにX線テストを実施させるよう命じたほか、サムスン独自の検査や返金の期限を9月19日から9月30日に延期するよう命じた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。