意外にイケルと感心した「シダックス」ランチ 部屋で仕事もできるし食事も期待以上だった

✎ 1〜 ✎ 100 ✎ 101 ✎ 102 ✎ 最新
拡大
縮小

串カツは1本100円(外税)からで、オススメのタマネギ、レンコン、かき(200円)やニンニク、山芋、それから大阪メニューらしいオムそばめし、肉吸いを注文した。お通し240円、プレミアムモルツ390円と価格は高過ぎず、安過ぎずうまい値付けだと思った。合計2365円で、素材はいいものを使っている感じで美味しかった。

ただ、売出価格3900円は成長性を考えてもあまり割安だとは思えなかったので、1社にしか申し込まなかったが、果たして初値はいくらになるか、注目したい。日経平均は44円高の1万7081円と続伸。

権利直前に思わぬ安値で買えることもある

【9月7日(水)】午前5時半、日経225先物は140円安の1万6940円。NYダウは46ドル高の1万8538ドル。ドル急落で1ドル102円近辺。米8月ISM総合指数(非製造業)は、51.4と7月の55.5から低下し、2010年2月以来およそ6年半ぶりの低水準となり、早期利上げ観測後退でドル安円高となった。こんな中でも三菱自動車は、8円高の500円と反発。8月31日の悪材料が出た日に安値を付け、売りではなく結局買い場であった。

日経平均は、69円安の1万7012円と3日ぶり反落だが下げ渋る。日経平均は昨年末から10.61%下げているが、個人的な運用資金は、19.54%増加していた。10月から日経225銘柄に楽天(4755)が採用され日本曹達(4041)が除外されると発表され、楽天は96円高の1429円、日本曹達は55円安の437円となった。

【9月8日(木)】日経平均は、53円安の1万6958円と小幅続落で1万7000円割れ。

【9月9日(金)】NYダウは46ドル安の1万8479ドル。日経平均は6円高の1万6965円。

【9月10日(土)】午前5時半、日経225先物(12月限)は200円安の1万6660円。NYダウは394ドル安(2.13%)の1万8085ドル。長期金利上昇で2カ月ぶり安値。NYダウは短期的に下落トレンド入りした可能性があり、NYダウが下がれば日本株式市場も下がる可能性が高い。しかし9月27日は9月権利付き最終売買日であり、権利直前に思わぬ安値で優待、配当銘柄が買えることもあるので、お得な銘柄を探して見るのもいいと思う。

内田 衛 カリスマ投資家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

うちだ まもる / Mamoru Uchida

個人投資家。高校時代から株の取引を開始。平成バブル崩壊で多額の借金を背負うが、自力で全額返済して大復活。大学卒業後、大手生保勤務後、フリーに。FP資格を持つ。現在の運用資金は3億円以上。株式投資では中長期、低位株投資が基本。株式のほかに、株の利益で収益不動産投資も行う。2007年8月からは『オール投資』(現在休刊)で5年以上にわたり投資日記を連載、大人気を博す。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT