マレーシア、初のジカ熱感染を確認

シンガポール渡航の女性

 9月1日、マレーシア保健省は、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。写真はメキシコのグアダルーペで3月撮影(2016年 ロイター/Daniel Becerril)

[クアラルンプール 1日 ロイター] - マレーシア保健省は1日、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。

スプラマニアム保健相によると、女性は帰国後に発熱し、発疹などの症状が1週間続いたため尿検査を受けたところ、陽性反応が出たという。

まだシンガポールにいる女性の成人の娘も、検査で陽性反応が出ている。

シンガポールは8月27日、初のジカ熱感染例を確認。その後、感染者は増え続け、現在は100人を超えている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。