マレーシア、初のジカ熱感染を確認

シンガポール渡航の女性

 9月1日、マレーシア保健省は、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。写真はメキシコのグアダルーペで3月撮影(2016年 ロイター/Daniel Becerril)

[クアラルンプール 1日 ロイター] - マレーシア保健省は1日、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。

スプラマニアム保健相によると、女性は帰国後に発熱し、発疹などの症状が1週間続いたため尿検査を受けたところ、陽性反応が出たという。

まだシンガポールにいる女性の成人の娘も、検査で陽性反応が出ている。

シンガポールは8月27日、初のジカ熱感染例を確認。その後、感染者は増え続け、現在は100人を超えている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?