マレーシア、初のジカ熱感染を確認

シンガポール渡航の女性

 9月1日、マレーシア保健省は、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。写真はメキシコのグアダルーペで3月撮影(2016年 ロイター/Daniel Becerril)

[クアラルンプール 1日 ロイター] - マレーシア保健省は1日、同国初のジカ熱感染を確認した。8月19日にシンガポールに渡航し、3日間滞在した女性だという。

スプラマニアム保健相によると、女性は帰国後に発熱し、発疹などの症状が1週間続いたため尿検査を受けたところ、陽性反応が出たという。

まだシンガポールにいる女性の成人の娘も、検査で陽性反応が出ている。

シンガポールは8月27日、初のジカ熱感染例を確認。その後、感染者は増え続け、現在は100人を超えている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。