キプロスショックで続落なら、買いチャンスか

日経平均株価、1万2500円割れ

突如としてグローバル株式市場を襲った「キプロスショック」が依然として尾を引いている。EUがキプロスへ金融支援する条件として当初は銀行預金への課税を求めたが、キプロス議会で否決されたため代替案が模索されているようだ。先行き不透明感から、22日の日経平均は297円安の1万2338円まで売り込まれた。

リスクシナリオを常に頭の片隅に入れて動く

 キプロスは小国であり、今回の件が本格的な金融危機の引き金を引くようなことにはならないだろう。もしそうなりそうなら、最終的に何らかの対策が打たれると考えるのが自然である。ただ世界の金融システムはつながっており、「負の連鎖」が起きる可能性もゼロではない。可能性は非常に低いが、もし起きてしまえばダメージが甚大であるだけに、やはりリスクシナリオも常に頭の片隅に入れておきたい。

次ページテクニカル上の急所は?
人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。