イタリアのオープンカーは火傷するほど熱い

「アバルト124スパイダー」の魅力

アバルトのすべてのラインナップのデザインを統括するルーベン・ワインバーグさん。190cmを越す大柄な体格で、アバルト595コンペティツィオーネを操る“カーガイ”だ

──ベースとなったマツダ・ロードスターについては、どうお考えですか?

本当に素晴らしく個性的なデザインだと思います。ロードスターは日本の道路やドライバーの顔が思い浮かぶようなクルマで、ヨーロッパでは絶対に生み出せないものですね。今回の仕事はマツダ・ロードスターのような完成度の高いクルマといかに差別化できるかがポイントで、チャレンジのしがいがありました。

アバルト・124スパイダーは日伊のコラボレーションによる画期的なクルマですが、スタイルは完全にイタリアのオープンカーの文法に沿うものです。

とにかく火傷するくらいアツい

運転を第一に考えられたシンプルなコクピット。エアコンやナビゲーションなどの快適装備も備わっているのでご安心を

──「イタリアのオープンカーの文法」とはどういうものでしょうか?

クルマは歴史とともに存在するものです。例えばフェデリコ・フェリーニ監督の映画「甘い生活(ラ・ドルチェ・ヴィータ)」には、アルファロメオのジュリエッタ・スパイダーが出てきますが、本当に惚れ惚れするようなデザインですよね。様々な意味で“イタリアニティ”が強かった時代を表現しているクルマだと思います。

そうした過去の伝統は今にちゃんと繋がっていて、それはアバルト・124スパイダーも例外ではありません。イタリア人は総じておしゃべりですが、クルマも人と同じようにたくさん話しかけてくれるんです。大衆車でさえそうなのですから、オープンカーはその感覚がより濃厚になります。とにかく火傷するくらいアツい、それがイタリアのオープンカーの文法なのです。

──アバルトのデザイン哲学とは?

アバルトというブランドは、創立者のカルロ・アバルトの情熱から生まれたものです。サソリのマークはカルロの星座で、ゆえにアバルトは毒々しくなければなりません。

(1)圧倒的なパフォーマンス、(2)クラフトマンシップ、(3)技術の優位性の3つがアバルトの哲学で、それを普通の人の手の届く価格で提供するのもカルロから受け継がれた哲学です。

次ページ6歳の頃からクルマの絵を描いていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT