日立製ロボ「アラウンダー」、福島原発を洗う

ゾウ鼻似のノズルから高圧水

実際の作業スピードは1時間に1平方メートルであり、約200リットルの水を使用する。タンク容量は1000リットルで、1日当たり4時間程度の作業時間を想定しているため問題ないという。

水の供給・回収は長さ75メートルのホースでつながれた別置きのタンクで対応するため、「もう少し大きなサイズが必要になれば、タンクを替えれば問題ない」(日立GEニュークリア・エナジーの原子力設計部・米谷豊主任技師)。

ガレキ撤去する豪腕ロボットと“競演”も

日立は昨年12月には、遠隔操作できる小型双腕重機型ロボット「ASTACO-SoRa(アスタコソラ)」を発表している(写真)。アスタコソラは4月から福島第1原子力発電所の建屋内で、がれき除去作業などに使用される予定だ。

作業の進捗次第となるが、今年夏頃には、アスタコソラに続いて、アラウンダーの出番が期待されている。どちらのロボットにもカメラが複数台搭載されており、人が立ち入ることができない高い放射線量の建屋内の状況を知ることも大きな目的となっている。

東芝と日立の除染ロボットの使い分けについては、「水を使用できない箇所を洗浄するには東芝製、放射線物質がしみこんだ部分を除去する作業には日立製を使い分けたい」と東京電力ではコメント。

日立のアスタコソラとアラウンダーは、国の補助金を一部活用して開発したため各1台ずつしかない。今後、活躍する時間が増えて繁忙になれば、さらなる改良を重ねた次世代ロボットが登場するかもしれない。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT