日銀人事は大正解!安倍首相、手堅いですね

最強の経済ブロガー、ぐっちーさんが太鼓判

うまくいけばですが、すでにアメリカで議論が始まったように、次の総裁は何らかの出口戦略(エグジット)を模索する必要が出てくるでしょう。要するに、金融緩和から引き締めに転ずるタイミングが、どこかで出てくるかもしれない。

これだけ積み上げた国債を、一気に市場に売らなければならない。そして相場を崩していけない、ということになる。そうなると、やはり国債市場に精通している黒田さんが適任ということになるのだと思います。

結局、アベノミクスとか勝手にメディアが作り上げた偶像に反して、安倍晋三首相は、意外に手堅い運営をしているようにも見えますね。

今回の人選は大正解だと思いますし、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などの議論を見ていても、まあ、正論でしょう。あとは余計なことを言わない、という点を守れば、結構合格点なんじゃないですかね??

「最強経済ブロガー」 ぐっちーさんこと、
山口 正洋氏の最新刊、
ぐっちーさんの 本当は凄い日本経済入門が、
小社から刊行されました!
大手商社や外銀などを渡り歩いたぐっちーさんが、円安、アベノミクス、米国を中心としたシェール革命など、いま起きている日本や世界の出来事をわかりやすく解説します。
なぜ、日本とアメリカの経済は大復活するのか?本書以外にはどこにも書かれていない、わくわくする話をぜひお読み下さい!

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。