日銀人事は大正解!安倍首相、手堅いですね

最強の経済ブロガー、ぐっちーさんが太鼓判

そのおかげで、世界中が流動性破綻から逃れたのです。ノーベル平和賞・経済学賞の価値は十分にありますぜ。

しかしながら、どうもそうは問屋が卸さないようでして、どこかのおやじさんから「デフレの張本人」呼ばわりされている。世界中にマネタリーベースの供給増加を説いた「伝道師」に向かってデフレの張本人!!なんていったら、罰が当たりますよね~…

日銀はマネタリーベースでは2000年以来、資金供給を続けています。その規模は世界最大という事実をどうして見逃すのでしょうか・・・

と、愚痴っても始まりませんが、次は黒田さん。

とっても良い選択なのではないかと思います。

黒田さんは「自分で飛んだ経験」がある

まず、これだけ複雑化している世界経済の中できちんとコミュニケーションができる人であり、しかもアジア開発銀行総裁ということもあり、アジアとの人脈もしっかりある。これからますます重要になるアジアの国々とのパイプは、かなり有効であろうかと思います。

そして何より、実務経験があることでしょう。

日銀は短期市場を通じて、つねにマーケットと対峙せねばなりません。相手は「生き馬の目を抜く」ともいわれる「つわものぞろい」、というか、強盗並みの動きをするわけです。そういう連中を相手に学者や、「しろーと連中」が戦って勝てるわけがない。よく例に出しますが、学者の方は「鳥はこうやって飛びますよ」、と解説はするものの、自分で飛んだ経験がない。

たとえば私は、詳しい流体力学は知りませんが、毎日マーケットという現場で飛んでいるわけです。実際1億円すら先物の売買をしたことがない人が、日銀総裁なんてやってもうまくいくはずがない。

マーケットにトレンドが出来上がるときのパワーというのは、経験者じゃなきゃわかりません。まさにギリギリの選択を迫られます。その点、黒田さんなら、大蔵省や財務省で、国債市場も為替市場も経験されているわけですから、あまり怖いものはない。

次ページ黒田「次期総裁」が直面する課題は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。