勤務19年で手取り16万円、保育士の実態

書類に追われ、ケガにビクビク

前出の脇さんは警告する。

「保育園はリスクが過度に集中する場所です。でも園側も保護者側も危機意識が薄い」

名刺持ち「認められた」

例えば園での様子を保護者に伝える連絡帳。お昼寝中に書く保育士は多いが、実は昼寝時間は危険な時間帯。内閣府の発表によると、15年の保育施設での死亡事故は14件で、うち10件が睡眠中に起きた。脇さんは言う。

「死亡事故が起きる可能性が最も高いお昼寝の時間帯に連絡帳を書くなんて論外です。『ながら仕事』で注意力が散漫になり、保育士が連絡帳を書いている数十センチ先で子どもが亡くなる事故が繰り返されています」

昼寝の時間や給食の内容、遊んだ様子などを細かく書いてもらうほど、保護者は保育園での子どもの様子がわかってうれしいものだが、保育士が子どもをみる時間を削って書いていると考えたほうがいい。

このような中、保育士の働く環境を少しでも改善しようと取り組んでいる園もある。首都圏を中心に12園を展開する「茶々保育園グループ」では保育士の社会的地位向上に取り組んでいる。今年4月からはパートも含めたすべての職員に名刺を持たせている。迫田健太郎理事長は言う。

「保育士はこんなにもプロフェッショナルな仕事をしているのに、名刺もなかった。子どもたちに一番近い社会人として、誇りと自覚を持ってもらいたいと思っています」

茶々おおいずみ保育園(東京都練馬区)で主任保育士の尾又あゆみさん(32)は、名刺を持った効果をこう話す。

「社会人として認められた気がして、保育の質もますます上げていかないと、と思うようになりました」

ソーシャルな目線必要

同グループでは産休、育休、時短制度のほか、個人の事情に応じた時間固定勤務もでき、子育てしながらでも働き続ける職員が多い。5歳と3歳の子どもがいる尾又さんも、時短勤務を経験し、現在は固定勤務。時短勤務を経験したことで、それまで夕方以降にやっていた書類書きを日中手が空いたときにやるなど、効率良く働くようになったという。

神奈川県茅ケ崎市のなぎさ第二保育園では、「保育園が単なる預かり所という認識のままでは保育士の処遇は上がらない」と、保育の現場をもっと知ってもらうために園の様子を日々写真に撮り、保護者に提供している。インターネット写真販売サービス「スナップスナップ」も利用し、保育士の仕事増にならないよう工夫する。柿澤秀旗園長(40)は言う。

「保育園の雰囲気は保育士で決まるんです。保育の力をもっと世の中に知ってもらいたい」

前出の迫田理事長も、保育士と園児たちが遊ぶ様子を見つめながらこう言った。

「保育士たちは子どもたちの生きる力を引き出し、未来をつくっている。素晴らしい仕事なのに、これまで私たち業界もそれを世の中に認めてもらう努力が足りなかった。これからの保育園にはソーシャルな目線が必要で、もっと地域や社会に開いていかなければと思っています」

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2016年8月15日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT