米国株が最高値でも日本株がイマイチな理由

日経平均は1万7000円を簡単に突破できない

米国株は史上最高値を更新。だが8日以降の日本株は必ずしも急騰とはいかないようだ。それはなぜか(写真:ロイター/アフロ)

米労働省が8月5日に発表した7月の米雇用統計は、市場予想を大きく上回る内容となった。市場では米国の年内利上げの可能性が再び高まり、為替市場では円安ドル高、株式市場では米国株が上昇した。

S&P500指数(2182.87p)とナスダック総合指数(5221.121p)は、終値ベースでの史上最高値を更新。コモディティ市場では、安全資産と言われる金価格が大幅安となり、ややリスク選好の地合いになった。8日以降の東京市場には追い風となるが、夏枯れ相場と言われる時期に突入していることから、日経平均株価など、指数の上値は重くなりそうだ。上がりにくくなる理由の一つには、今話題の日銀のETF買い入れも含まれる。なぜなのかは、のちほど説明しよう。

米景気の先行きに関する過度な警戒は払拭

7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+25.5万人で市場予想の同比+18万人を上回った。7月の失業率は4.9%で6月と同水準だったが、労働参加率は6月の62.7%から0.1ポイント上昇して62.8%になった。労働人口の増加が失業率の低下を阻んだようだ。市場関係者が注目していた平均時給に関しては、前年比+2.6%で上昇率は6月と同水準だったが、前月比では+0.3%と6月の+0.2%を上回っている。

市場関係者からは、「7月の雇用統計は労働市場の改善が続いていることを示す内容」との声が聞かれる。一方で、インフレが2%レベルに加速するためには、平均時間給のさらなる上昇が必要になるとの見方は多い。なお、7月は製造業、ヘルスケア、小売り、人材派遣、娯楽・ホスピタリティなどの分野で雇用者が増加したが、7月の広義の失業率(不完全雇用率)は0.1ポイント上昇して9.7%となっており、労働市場の緩みは解消されていないことも確認された。

つまり上記の内容をまとめると、今回の米雇用統計は、市場予想を上回る「ポジティブ・サプライズ」となったわけだ。7月29日の4-6月期GDP予想下振れ以降、米国景気の先行きに対する不透明感が高まっていたが、6月の雇用統計に続くポジティブな雇用統計に、米国景気の先行きに対する過度な警戒は払拭された感はある。

次ページ このままでは年内の利上げの可能性はまだ小さい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。