米国男性がポケモンGO巡り任天堂など提訴

「私有地立ち入りを誘発している」

 8月2日、「ポケモンGO」が私有地への不法侵入を誘発するとして、米ニュージャージー州に住む男性が、ゲームを開発した米ナイアンティックや任天堂などを相手取り、訴訟を提起したことがわかった。ニューヨークで先月撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich/File Photo)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が私有地への不法侵入を誘発するとして、米ニュージャージー州に住む男性が、ゲームを開発した米ナイアンティックや任天堂<7974.T>などを相手取り、カリフォルニア州オークランドの連邦地裁に訴訟を提起したことがわかった。

7月に「ポケモンGO」が配信されて以降、初めての訴訟とみられる。

訴状によると、ポケモンを捕まえるためのアイテムがもらえる「ポケストップ」やポケモン同士を戦わせる「ジム」と呼ばれる場所の多くが、私有地やその近隣に設定されており、この男性の自宅でも見知らぬ人が長時間にわたって周囲をうろついたり、裏庭への立ち入りを求められるケースがあったという。

「ポケモンGO」をめぐっては、プレー中に強盗被害に遭ったり、道に迷ったプレーヤーがカナダから米国に不法入国した例も報告されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT