米国男性がポケモンGO巡り任天堂など提訴

「私有地立ち入りを誘発している」

 8月2日、「ポケモンGO」が私有地への不法侵入を誘発するとして、米ニュージャージー州に住む男性が、ゲームを開発した米ナイアンティックや任天堂などを相手取り、訴訟を提起したことがわかった。ニューヨークで先月撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich/File Photo)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が私有地への不法侵入を誘発するとして、米ニュージャージー州に住む男性が、ゲームを開発した米ナイアンティックや任天堂<7974.T>などを相手取り、カリフォルニア州オークランドの連邦地裁に訴訟を提起したことがわかった。

7月に「ポケモンGO」が配信されて以降、初めての訴訟とみられる。

訴状によると、ポケモンを捕まえるためのアイテムがもらえる「ポケストップ」やポケモン同士を戦わせる「ジム」と呼ばれる場所の多くが、私有地やその近隣に設定されており、この男性の自宅でも見知らぬ人が長時間にわたって周囲をうろついたり、裏庭への立ち入りを求められるケースがあったという。

「ポケモンGO」をめぐっては、プレー中に強盗被害に遭ったり、道に迷ったプレーヤーがカナダから米国に不法入国した例も報告されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。