日経平均は反落か、上値追いかの分岐点に

1万1468円で引け、昨年来高値を更新

 20日の日経平均株価は、前日比95円高の1万1468円28銭で引け、2月6日につけた昨年来高値の1万1463円を小幅に上回った。とはいえ、その差は5円ほどであり、「突破」よりは「並んだ」という表現の方が適切かもしれない。

休場明けの米国株が堅調だったことや、貿易統計の大幅赤字を受けた円安進行で、20日の日経平均は上昇。しかし、東証1部の概算売買代金は1兆8543億円と3営業日連続で2兆円割れとなり、市場エネルギーは乏しくなっている。21~22日の安倍晋三首相の訪米、24~25日のイタリア総選挙、月内の日銀次期総裁候補の提示という重要イベントを控えて、市場は様子見ムードになっている。

ちなみに日経平均が1万1463円で引けた2月6日の東証1部の概算売買代金は2兆8190億円と今年最大であった。裏を返せば、この価格帯で高値づかみをした投資家も多く、やれやれの戻り売りが出やすい水準でもある。

日本時間の夜に取引される米国株式市場の結果次第で、21日の日経平均は明確に1万1500円水準を突破してくる可能性もある。一方、出来高が少ないようなら、一転して売りに押される場面も考えられる。

これから月末にかけては先述の重要イベントをこなしながら、1万1500円水準で頭打ちとなるか、上値追いを再開できるか、見極める時期といえそうだ。

「株式ウイークリー」編集長 藤尾 明彦

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT